いとの音楽部屋

ただの邦ロック好きが邦ロックについて好き放題いったりもはや音楽と関係ない独り言をたれ流したりしてるブログ

「昔は聴いてたよ」じゃねえ、いま聴け、Mrs. GREEN APPLEを

 

    どうも、今日はこんな個人音楽ブログまで足を運んでくれてるような相当の物好きの方々からすれば、知らない人なんていないであろうバンドの話、させてください。

 

    そういうふうに知名度が上がって、バンドをあまり聴かない層にまで名が知れ渡ったりすると、「昔はよかったよね」とか「前は聴いてたよ」とかなんとか言って謎のマウント取り出すやつ、いますよね。そんな百害あって一理なしのアピールはしない方がいいって誰でもわかりそうなもんなのに、どうやってもそういうこと言う奴らは現れてしまう。たぶんどんな対策打とうと、なぜか、いる。梅雨時季のコバエなんですかね。あいつらだけは物理法則を無視して無から生まれてるとしか思えない。

 

    それはさておき、そんな不毛なマウントに使われがちなバンド、Mrs. GREEN APPLEの話です今回は。

 

    彼らのように方向性がぐわんぐわんと揺れ動いた歴のあるバンドには、当然のようにその時期ごとに異なる層のファンがいて、これがどの時期もそれなりに売れていたばっかりに、先の「昔はよかった」バエが季節問わず大量発生してしまっているわけで。

    ミセスには、「今は聴いてないけど昔好きだった」アピール勢がほんとめちゃめちゃいる。おまえが「パブリック」の頃が一番好きだったのはわかったから、一生知らぬ間に誰かを傷つけててくれ。

 

    ただ、まあ、たしかに気持ちはわかる。

 


YouTube

 

    サマ~~~マママ・フェスティバルじゃねえよ。返せよ俺たちのちょっと影のあるミセスを。

 


YouTube

 

    その後の方向性も個人的にはあんまり好みではなくて、こんなチャラチャラしてピコピコしてギラギラしたミセスが、以前からのファンに等しく受け入れられるとも到底思えない。ヴィジュアルもなんだか韓流アイドルみたいだし。変わってないのはもっくんの眉毛の稼働域だけ。

 


YouTube

 

    この頃の、何がかっこいいかもわからず迷走しつつも曲だけはどストレートにかっこいいミセスが大好きだった僕らからすると、なんだか、悪い大人にでも騙されてるんじゃないかと心配すらしたもので、この話をすればするほど、実は自分が一番うるさい「昔はよかった」バエだってことがバレてしまうからそろそろやめますね。新聞紙で叩かないで、お願い……。

 

 

    それでですよ。

 

    最近の彼ら、どうなのかと。今月リリースされた新譜「Attitude」、聴きました。とりあえず同タイトルのリード曲がこちら。

 


YouTube

 

 

    めちゃめちゃ良いじゃん……。

 

    曲の展開のどこをとっても旋律がきれいだし、サビ前の「そォォォーーーんなとこだけでもどこかに」の「そォォォーーーん」が好き。A5ランクの最高級高音ヴォイス。ふるさと納税のお礼の品にどうですか自治体各位。

 

    サママ・フェスティバルとかいう我流の夏祭りを勝手に催すこともなく、「六本木のクラブ、行き慣れてます(行き慣れてはない)」みたいなギラついた装いもしてない。かといって、若さの勢いを武器にかっこ良さだけでゴリ押してくるわけでもなく、地に足着いたような落ち着きもある。ただ相変わらず唄と眉がめちゃめちゃ上手い。この曲も「あれ、眉がおとなしい……」と思わせてからの3分超えたあたりから前髪越しに躍動してる眉にほっとする。

 


YouTube

 

    アニメ主題歌も任されちゃうようなかっこいいロックもお手のもの。

 

    この2曲だけで、彼らが本来持ってる楽曲の幅の広さを見せつけられているのはもちろん、ちゃんと「どっちのミセスもいいじゃん」となるのは、一度あらゆる方向にとことん振り切ったからなのかなと。どこまで行ったらどういう層に受けて、どこを越えたらファンが離れるのか、それを冷静に分析した上で、本人たちがやりたいことを思う存分やってる感じがする。彼らの才能を食い物にしようと近づいてきた悪い大人達を、むしろ彼らはまるごと利用してここまできた感がある。賢すぎる。

 

    最近のリリースをあまり追ってなかったから、「青と夏」、「僕のこと」、「ロマンチシズム」はじめ、アルバムに入ったシングル曲であまり聴き込めてなかった曲がたくさんあったのだけど、改めて聴いてみたらそのクオリティの高さたるや。しかもそれぞれテイストは全然違うのに、しっかりミセスらしく仕上がっている。いろんなこと全部試して分析し尽くした結果なのか、何をやっても彼らの持ち味として良い方向に作用してるから本当にすごい。

 

    かなり好き放題やってるのに、ひとつのアルバムとしても完成されていて、聴きごたえが半端ないです「Attitude」。

 

    僕と同じように一度ミセスから離れてあまり聴かなくなってしまった方々も、今回の新譜を機に改めて聴いてみてはいかがでしょうか。

 

    では。

 

 

Attitude(通常盤)

Attitude(通常盤)

 

 

酒に溺れるようにシベリアンフィッシュツリーを聴いてくれ

 

    どうも。夏から秋への移り変わりにひりつくノスタルジックの中、いかがお過ごしですか。今日も安いコンビニのつまみとノイズまみれのうるさい音楽を肴に安い酒をあおっておりますでしょうか。

 

    今日は、こんな無名ブログにたどり着くほど暇をもて余すような、たぶんスマホ片手にだらけきった生活を嗜んでるようなあなたにオススメのバンド、紹介しようかなと。酒を飲んでは人間らしい失敗を繰り返すあなたや、失敗を酒のせいにしてしまいたいだけのあなたにも、ぜひ聴いてほしい。そんなバンドです。

 


f:id:ito-rock:20191003222222j:image

 

 

    シベリアンフィッシュツリーといいます。名前からして良いですよね。語感が良い。読みたくなる。

 

    ありがたいことにこの素人の暇潰しに長いこと付き合っていただいております各位には、一度このバンドについて引くくらいの熱量で、熱量そのものだけを語ってるような記事を読ませてしまったことがあるかもしれません。そこから一年近くたってしまったこともあるので、改めて熱量だけでも語り直したいなと思ってこれ書いてます。そうです。"追い熱量"です。胸焼けしてくださいどうぞ。

 

    先日公開された彼らの新曲、「月の家」がとにかく名曲なので聴いてほしいです。

 


シベリアンフィッシュツリー 「月の家」MV - YouTube

 

 

    こうやって動画を貼ろうとも、再生までしてくれるような物好きはほんとにわずかだってわかってはいるんですけど、せっかくこんなところまでよく知らん人のブログを読みに来てくれてるんだから、ついでに良いもの聴いて帰ってほしいんです僕は。1分30秒を越えたあたりからの衝撃をあなたと分かち合いたいだけなんですほんとに。聴いて。

 

    もう全員聴いてくれた前提で話進めるんで、聴いてない人は、あの「自分だけ観てない昨日やってたドラマの最新話の話で盛り上がってる居心地の悪さ」でも味わいながら読み進めてくださいね。

 

    いろいろ語りたいことはあるんですけど、序盤、静かに染み込ませるように、落ち着いて聴かせておいて、そういうトーンで最後までいくのかなと思わせてからの、突然スイッチ入ったように気持ちよくなるサビ。ここでまず一度変な声でます。僕に言われるがまま、電車内とかでこの曲聴いて、気持ち悪い声だして車内で白い目で見られてしまった皆さん、わかりますよ。僕もやったので。仲間ほしかったんですよ。

 

    さておきそこからの演奏シーン、シンプルにかっこよすぎません?    にやにやしちゃいませんか。電車内でもう一段階やばい人になりますよね。これこそ愛されるべき唄で、この唄をひっさげて僕の街まできてくださいお願いしますってなっちゃいますよね、こんなの見せられたら誰でも。

 

    そんな無茶苦茶な惹き込まれ方しちゃえば、そこからはほんとにあっという間。大サビ前の落とし方も絶妙で、さっきの衝撃があるからこそ、ラストへの期待感も高揚感もぐんぐん高まっちゃって、そんな高級ドッグフードを前にして「待て」をくらう犬っころ状態のところに、

 

「あーいされてるうたをーひっさげて(ドン!ドン!ドン!)つぎーの街へすすむー」の(ドン!ドン!ドン!)なんて浴びたらまた変な声が出ちゃうんですよ、ちょろいので。

 

    しかもそれだけで終わらずに最後の最後にひっくり返していくようなひねくれ具合も、やっぱり彼らは一味違うなと思わせてくれる要因のひとつ。他にも何度でも聴き返したくなるようなギミックがふんだんに盛り込まれていて、ふと聴きたくなってしまう。アル中が酒に溺れるがごとく、何度も聴いてしまう。おそろしい。

 

    それにしてもこのバンド、いっつも酒飲んでるんですよね。この曲でもいつの間にかハイボール飲んでるし。

    ただ、酒にまみれるだけのそこらのバンドマンの歌詞かというとそういうわけでもない。宇宙規模の話と並列に酒が出てきたり、彼らの見てる独特な世界を表現するために、効果的に酒が表れている。酒の使い方がめちゃくちゃ上手い。たぶん一流のアル中。

 

    そんな彼らが半年ほど前に出したミニアルバムのタイトルは「drink」。すぐ飲もうとするな。そんなアルバム一曲目のタイトルは「drunk」。だから飲むなって。

 

    ほんとにこいつらは……と呆れ顔でそのアルバムを聴いてみれば、一瞬で耳に残る圧倒的なメロディの良さとずば抜けたワードセンスに手が震えちゃうような名盤だから困る。あ、僕はアル中じゃないです。

 

    もうほんと「酔っ払って笑って3秒で抱きしめた」くなっちゃうし、「寂しいを理由にしてたい」だけなんだよ。わかるよ。最高なんだよ。このCDは通販サイトとかで買えちゃうから今すぐ買った方がいいんだよほんとに。

 


シベリアンフィッシュツリー「走馬灯」MV - YouTube

 

常套句を捧げて帰ると

夜になってた

酔えるようになってた

 

    そういうあなたには、このアルバムに収録されているこの「走馬灯」という曲も聴いてほしい。

 

散々な日々に盃

どうでもいいと思う

散々な日々に盃

どうでもいいよ、もう

 

    絶対どうでもいいとは思えてないような頭抱えてもがく姿が浮かぶこの歌詞、人間味を感じて僕はすごく好きなんですよね。

 

    やっぱり彼らの音楽は、アルコールにしか頼れないのにアルコールには救えないようなところになぜかしっかりと手が届いてる。唯一酒の代わりになれる音楽。むしろこれは肝臓が弱くても飲める酒。耳でがぶがぶいける。

    そんな音楽を産み出せるシベリアンフィッシュツリーってバンドは、どうしようもなく酒に、音楽に溺れてるんでしょうね。そこいらの酒好きアピールの激しい浮かれ大学生には出せない風格漂っちゃってる。これは本物の酒呑み。

 

 

    どうですか。

    酒に溺れるように聴いてみませんか、シベリアンフィッシュツリー。けっこう酔えますよ。

 

    では。


f:id:ito-rock:20191003221718j:image

 

【関連記事】


シベリアンフィッシュツリーが好きすぎて信念を曲げて謝罪した - いとの音楽部屋

 

 

 

 

 

オタクだからPEDROについて語ってたら早口になってしまった

 

    ごめんなさい。いつも音楽に関してはオタク丸出しの僕も、今回ばかりはまじのオタクです。普段から好きなバンドへの愛でいつも誰かをドン引きさせているところですが、舐めないでください。本気の僕はあんなもんじゃありません。いつものブログで「こいつやば……」って思ってるような人は引き返すか、まだ読んでない他の記事でも読んでてください。けっこうおもしろいらしいですよ。他の記事も。

 

    なんで今回のブログではこんな高圧的な書き出しをしているのかというと、PEDROというバンドの話をしたいからです。その因果関係は読んでるうちに察してください。

 

    PEDRO。

 

    純粋にインディーズバンドとかが好きな方々はむしろ聞いたことないかもしれません。実はこのバンドでベースボーカルをつとめるアユニ・Dという女の子、大人気アイドルBiSHのメンバー。つまりアイドルのソロプロジェクトとして結成されたバンド。どうですか。純粋なインディーズバンド界隈しか興味のない皆様方におかれましては、バックで蠢く金の匂いがアレルゲンとなって蕁麻疹が出てしまうことと存じます。

 

    でも、今日はそんな方々の想いとアレルギー体質は完っ全に無視して、ひたすらこのPEDROというバンド、ひいてはアユニ・Dという女の子の魅力について語っていきたいと、そういう記事です。冷静なオタクの孕む猟奇的な空気感もご一緒にどうぞ。もう始まってますよ。

 

    そもそもこのアユニ・Dという女の子、本物の才能の原石としてBiSHに加入してからというもの、少年のようなあどけなくも生意気な声質、その癖のある歌い回し、みやぞんばりにポテンシャルの高い運動能力を生かしたダンス、そしてオタクの心を鷲掴みにする陰キャ感だだ漏れのTwitterを武器に、ぐんぐんと人気を集めました。特にその歌唱力の上達は無視できないものになり、一気にBiSHでも中心メンバーとして活躍することになります。あとかわいい。このかわいさに目を向けると偏差値が2になるので気をつけて。うわ、かわいい。まぶし。尊い。しんど。

 

    そして、満を持してこのソロプロジェクトが解禁されたのは去年の9月。ミニアルバムのゲリラリリースとともに予告なく始動しました。既にソロリリースが決まっていたBiSHの他のメンバーのCDの発売日に被せてゲリラリリースという暴挙からして、話題性は十分。しかもゲリラライブの先行申込みシリアル封入。そんなあからさまなオタクホイホイ、引っかかるチョロいオタクいるかよ、と。悪態つきながら仕事終わりにタワレコ3件ハシゴしたのが僕。もう少し知性のある大人になりたかった。

 

    もともとバンド好きと並行してアユニ推しのドルオタもこじらせていた僕が、このPEDROというバンドの魅力に取り憑かれるのに時間はかかりませんでした。

 


PEDRO [BiSH AYUNi D Solo Project] / 自律神経出張中 [OFFICIAL VIDEO] - YouTube

 

    ギターにあのナンバーガールの田渕ひさ子を迎え、ドラムに無名の大学生、推しのアイドルがほぼ素人のベースボーカルというなんともアンバランスなスリーピースバンド。作曲はBiSHの楽曲を手掛ける松隈ケンタ。作詞はアユニ・Dその人。BiSHの人気が爆発した時期にこんなんやらすとか、プロデューサーはアユニの才能から絞れるだけ絞り取ろうとしてるのがわかる。そしてその目論見はかなり成功してる。上手に沼に突き落とされた哀れなオタクがこちらに。見世物じゃねえぞ。おら。

 

    そんな経緯で準備の粗も目立った初ライブからおよそ1年。先月とうとうフルアルバム「THUMB SUCKER」のリリースとなった次第。

 


PEDRO / NIGHT NIGHT [OFFICIAL VIDEO] - YouTube

 

    いや、成長曲線えげつないな。黒のスティングレイの似合う佇まいになりすぎ。

 

    たった1年でこんなにスタイル確立できるもんですかね。そりゃ優秀なプロデューサーが各方向からサポートしてるとはいえ、結局のところ前で唄うのはアユニ本人なわけで。その歌唱力も演奏も世界観も、彼女の実力と努力と才能抜きには語ることはできないと思います。きっとBiSHの活動もあって忙しい中、空き時間にこつこつべんべんベースを練習していたんだろうなーと、苦しそうにしながらもどこか楽しそうなアユニの姿を想像しつつ野菜を切ってたら、涙が止まらなくなりました。なんで……今日は玉ねぎ切ってないのに……。

 

 


PEDRO / おちこぼれブルース [DOG IN CLASSROOM TOUR FINAL] @ TSUTAYA O-EAST - YouTube

 

    そうはいっても、MVだし演奏なんていくらでも取り繕えるでしょって声もあるだろうからライブ映像も貼りますけど、明らかに全てが上手くなってる。というか、天使か?    ああ、アユニか。失敬。曲もいいし、田渕ひさ子のギターは当然のように滅茶苦茶上手くてかっこいい。アユニが弾いてるっていう強調のためか、ベースの音が極大になってるのも、オタクの僕の耳には最高。肥えた上質な耳じゃなくてよかった。

 


PEDRO / 猫背矯正中 [OFFICIAL VIDEO] - YouTube

 

"若さの無駄遣い 愛がない者は何しても駄目

 青春時代のノイズは切っても切れないのよ"

 

"地に足をつけて 置かれた場所で咲こうではないか

 夜更かしのお供の曲とベットに潜りこんだ"

 

"くすんだ石だって輝いて生きていたいんだな

 はじめから輝かせてよ 神様センスがないのね"

 

    アユニの書く歌詞も、すごく良い。刺々しさとか、擦れ具合とか、教室の隅でじっくりと磨かれてきたのがよくわかるワードセンス。これは他のキラキラしてきたアイドルには出せない個性。かといってアイドル戦争を勝ち抜くために苦し紛れに振りかざした色物のような個性ともまた違っていて、圧倒的に陰の者に受けるセンスを感じます。陰のカリスマ。尊敬する人物にインターネット界隈の有名人ARuFaを挙げちゃうようなこじらせたところも好感しかない。

 

    コミュニケーションは事務所とインターネット通してください、って感じでまったく人生に慣れてなさそうなしゃべり方も、同程度のコミュニケーションスキルしかないオタクの庇護欲を刺激して危ない。そんなオタク共から守ってあげたくなったもっとやばいオタクからすら守ってあげたくなりました。これもしかして自分がいちばんやばいオタクかもしれない。誰か殺してくれ。たのむ。

 

 

    リリースされた全ての曲の作詞に携わり、先ほどの「NIGHT NIGHT」や「おちこぼれブルース」をはじめ、今回のアルバム中の何曲かについては作曲にも絡んでいるとのこと。PEDROのライブでもアイドルというよりバンドマンの佇まいが板についてきたし、アイドルからアーティストへと確実に進化するアユニは、推しのアイドルという枠を越え、僕らのロックスターにすらなろうとしてる。もう「尊い。むり」とか言っちゃうのも失礼かもしれない。え、こんなに尊いのに。いや、尊い。むり。

 

 

    かつて、こんなに書き連ねた文章が早口だったことなかったかもしれません。限界オタクの狂乱にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

    では。

 

 

【メーカー特典あり】 THUMB SUCKER(初回生産限定盤)(2CD+Blu-ray付)【特典:PEDROオリジナル ステッカー付】

【メーカー特典あり】 THUMB SUCKER(初回生産限定盤)(2CD+Blu-ray付)【特典:PEDROオリジナル ステッカー付】